大学生が自力で学費を払えるか検証してみた。

こんにちは、のぶけんです。

 

今日の記事は、大きな出費となる学費について書いていきます。

学費は親が出すよという場合であっても是非読んでみてください。

何かの事情で自分が負担する可能性もゼロではありませんから。

 

国公立にしろ、私立にしろ、ほとんどの大学では学費がかかります。

国公立の方が安く、私立の方が高いことがほとんどです。

また、入学金が初年度にかかり、大学によっては施設費などもかかることがあります。

ここでは、入学金や施設費も含めて見ていきます。

 

 

まずは国公立大学です。

 国公立大学の学費は、国立大学が法令(正確には文部科学省令)で定められていて、公立大学はそれに準じています。

ただし、公立大学は学部や地元民かどうかで学費が若干異なることもあります。

 

国立大学の場合

入学金:28万2000円

授業料:53万5800円

合計:81万7800円

 文部科学省令による標準額。

となっています。

これ以外に、施設費、実習費、諸会費などが徴収される場合があります。

国立大学では、学部学科によらず一律この額となっています。

 

公立大学の場合

入学金:39万3426円

授業料:53万7809円

合計:93万1235円

 文部科学省「平成28年度学生納付金調査」より。公立大昼間部の平均額。

となっています。

ただし、地元民の入学金の平均は、22万9584円となっています。

公立大学も国立大学と同様に、施設費、実習費、諸会費などが徴収される場合があります。

 

私立大学の場合

私立大学は、学校によって様々であり、同じ大学でも文系、理系、医歯系で

かかる学費が全く異なることがあります。

ですので、文系、理系、医歯系それぞれについて書いていきます。

 

文系の場合

入学金:24万2579円

授業料:74万6123円

施設費:15万8118円

合計:114万6819円

 文部科学省「平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」より。私立大昼間部の平均額。 

となっています。

 

理系の場合

入学金:26万2436円

授業料:104万8763円

施設費:19万34円

合計:150万1233円

文部科学省「平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」より。私立大昼間部の平均額。 

となっています。 

 

医歯系の場合

入学金:103万8128円

授業料:273万7037円

施設費:83万1722円

合計:460万6887円

文部科学省「平成26年度私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額調査」。私立大昼間部の平均額。 

となっています。

 

では、学費を自分の力だけで払えるのか検証してみましょう!

まずは国立大学の場合ですが、初年度の年間82万円をどう賄うかを考えてみます。

それを12で割ると、1ヶ月6.83万円、だいたい7万円ぐらいになります。

要は1ヶ月7万円を稼げれば学費を払えることになります。

仮に自分が学費を全て払うとして、月に7万円をアルバイトで稼ぐとすると、時給1000円のバイトをするとして、70時間分働く必要があります。

1週間で18時間ぐらい、1日2〜3時間働く必要があります。

時間に余裕がある大学生だったらそんなに難しくないでしょう。

授業の始まる前や終わった後に2〜3時間毎日入れればクリアできますから。

これは1年生のときの話で、2年生からは入学金がなくなりますから、年間約54万円を払えればいいわけです。

そうすると、1ヶ月4.5万円、余裕を持って5万円を稼げるようになれば問題ないわけです。1日2時間のアルバイトで十分です。

ただし、これは毎日アルバイトを入れる前提での計算になるので、土日に集中してやる場合は、土日の半日〜フルで入れる必要があります。

 

公立大学も2年生以降は国立大学と同じなので省きます。1年生の時は月に8万円を稼げればいいので、1日3時間くらい働けばできる計算になります。

国立にしろ、公立にしろ、1日3時間のアルバイトを毎日すれば入学金も含めて学費を賄うことができそうです。

私立大学に通っていた僕からすると超うらやましい〜。

私立大学はこうはいきませんからね。

 

そんじゃぁ、次は私立大学。

私立大学は文系と理系とで全然学費がちがいます。(とはいっても、国立や公立大学よりかは高いですけどね!)

文系が初年度約115万円、理系が初年度約150万円となっています。

2年生以降は文系が約90万円、理系が約125万円となっています。

私立大学は授業料はもちろんのこと、施設費も払うので、2年生以降でも結構な額を払うことになります。

 

では、私立文系の1年生がアルバイトで稼ぐには1日あたりどれくらい働く必要があるのでしょうか?

初年度115万円かかるので、単純に12で割ると、1ヶ月約10万円(!?)稼ぐ必要があります。

1ヶ月10万円を稼ぐとなると、時給1000円のバイトを100時間する必要があります。

週に25時間、1日4時間くらいアルバイトをする必要があります。

また、2年生以降では、年90万円を稼げればいいので、月に7万5千円、余裕を持って8万円を稼げればいいでしょう。そうすると、1日3時間のアルバイトで賄うことができます。

 

次は私立理系です。理系なので、学費は高めになってしまいます。研究に使う器具や機械、薬品などがどうしても高くなってしまいます。なので、学費にそれが反映されていることになります。

私立理系の1年生は学費が150万円かかるとすると、1ヶ月12.5万円稼げばいいことになります。そうすると、1日4〜5時間アルバイトする必要があります。

1年生だったら、時間的余裕があるので、1日5時間のアルバイトはできなくはないですが、毎日5時間はアルバイトというよりサラリーマンっていう感じがします・・・。

2年生以降では年125万円かかるので、月11万円稼ぐと余裕が持てます。

1日4時間アルバイトをする必要があります。1年生のときより1時間短くできますが、授業が結構入ってきたり、実習があったりしてそもそもアルバイトをする余裕がなくなってきます。

 

私立医療系学部は・・・無視でいきましょうw 学費がアルバイトで賄えるレベルではありませんwww

 

ここまで、アルバイトで学費を賄うことについて書いていきましたが、少なくとも2時間、5時間毎日アルバイトをすれば年間100万越えのお金を稼ぐことができます。

しかし、学業と並行してアルバイトをするのは、体力的に、精神的に結構しんどいと思います。(少なくとも僕自身結構きつかったです・・・)

また、バイトに行き来する時間、バイトをする準備、後片付けなどの時間もかかるわけです。

そうすると、さらにバイトのために時間を使うことになります。

それだけでなく、ここで書いたことはあくまで「毎日」働いて賄う前提なので、途中で休んだり、辞めたりすると当然その分下がります。

理論的にバイトで学費を賄えるということはわかっていても、大学の講義とバイトだけの学生生活って正直嫌じゃないですか?

僕は絶対嫌です。休みや息抜きだって必要ですし、長い夏休みや春休みにはやりたいことを思う存分に楽しみたいじゃないですか。

なので、アルバイトで学費を賄おうと思うのは、ちょっと止めた方がいいのではないかと僕は思いますね。

 

じゃあ、アルバイト以外でも学費を稼ぐ(賄う)方法があるのか?と言われると、実はあります。

それは、どんな方法かというと、

  1. 奨学金で賄う
  2. 何かビジネスをやる

の2つの方法があります。

それぞれ詳しくみていきましょう。

 

まず、1.の奨学金で賄うことについて。

奨学金は学生に対して学費や生活費の補助を行う目的で支給または貸与するもので、働かなくても学生として勉学に励むことでお金が入るありがたーい制度です。

大学独自の奨学金もありますが、ここでは取り上げないことにします。

大学によって学費免除や給付型奨学金、貸与型奨学金などいろいろな種類があるので、いちいち書いていられませんw

自分が通う大学が扱っている奨学金について、一度調べてみるといいでしょう。

ここでは、多くの学生が受け取っているであろう「日本学生支援機構」の奨学金について書いていきます。

最近では、ここの機構でも「給付型奨学金」が出るようになりました。

しかし、最高でも月4万までの支給になるので、これだけで賄うことは不可能です。

おもに利用することとなるのは「貸与型奨学金」になると思います。

貸与型なので、卒業した後は返済が必要になります。

この奨学金ですが、最近マスコミで悪く取り上げられていましたよね。

あれを見た時、事実と異なっていることがあると思いました。

確かに返す必要がある奨学金ですが、種類が2つあって、利息がつかないタイプのものと、利息がつくタイプのものがあります。

利息がつかないタイプのものは最近までは成績も見られていましたが、今はそこまで厳密に見られていません。家計が基準内に入っていればだいたい受け取れます。

利息がつくタイプのものは、書類を出せばだいたいは受け取ることができます。利息がつくといっても、サラ金や銀行で借りるよりかははるかに低い金利で借りることができます。

今の超低金利の時代だと、年利1%もないです。

こんな破格な利息で、しかも借りれる額もかなり高いです。

利息がつかないタイプは、最大で毎月64000円を借りることができます。

利息がつくタイプは、最大で毎月120000円借りれます。

利息がつかないものとつくものは一緒に受け取ることもできるので、そうすると毎月最大184000円を借りることができます!!

国立や公立大学の場合は、利息がつかないタイプのものだけでも十分に学費を賄うことができます。

私立大学は、利息がつくタイプだけでも賄えます。(利息がつかないタイプだと全てを賄うことはできない・・・)

アルバイトで働かなくても、返す必要があるとしても、学費を十分に賄うことができるので、僕は奨学金を借りて学生生活を充実させた方がいいんじゃないかなと思います。

返済も卒業して半年後から10~20年かけて行うので、そこまで負担にならないと思います。(返済の猶予や減免の制度もあるので、本当はこれ以上にない破格の条件で借金なんだけどね・・・)

大学独自の奨学金と併用することもできるので、アルバイトで消耗するより、自分のやりたいことに力を入れた方が充実した学生生活を送れますよ。

 

 

続いて、2.の何かビジネスをやることについてですが、こちらは収入が安定するまで時間がかかるので、1.の奨学金で安定した収入を得られている状態で挑戦するといいと思います。

これについて詳しいことは、このブログの他の記事で取り上げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です