せどりの利益率はこれで調べる!最強のツールを紹介!!!

こんにちは、のぶけんです。

利益率のことについて、「数字を把握することの大切さ」を語った記事で取り上げました。

その中で、利益率とは、利益÷価格×100で出せることを書きました。

しかし、アマゾンで販売する場合、利益がいくらなのかを出すのは難しいです。

なぜなら、アマゾンで販売すると、販売手数料と重量手数料などの諸々のやつが引かれるからです!

だからといって、利益率が出せないのか?と言われると、実はそうでもない!

 

アマゾンでの利益率を計算するには・・・

これ↓を使ってやれば簡単に出てきます!!

アマゾンFBA料金シミュレーター

 

本当に簡単にできるのかよ!?と思うかもしれませんが、この記事の通りにやれば

らくらくにできます!!!

 

それでもなんか怪しいと思う人もいるかと思うので、画像付きで説明していきます!

それじゃ早速、↑の「アマゾンFBA料金シミュレーター」をクリック!

f:id:nobuokakei:20180612164912p:plain

こんな画面が出てきます。

 

この段階では、料金に関することは何も入力できないので、調べたい商品について

検索します。

 

ここでは、以前の記事で出てきた「ホワイトヴェイル」という商品について調べてみます。

 

f:id:nobuokakei:20180612172447p:plain

 

この中から該当する商品を選びます。

ほとんどの商品は写真があるので、探しやすいですね〜。

今回は一番左のものを選びます。「選択」をクリック。

すると、

f:id:nobuokakei:20180612172738p:plain

このように、商品情報が上に表示されます。

あとは、灰色のところで入力していけばOK。

 

それじゃあ、灰色の部分に何を入力するのかというと・・・

FBA発送(Amazonの倉庫に商品を送る)の場合だと、

・商品代金

・Amazonへの納品

・商品原価

 

を入力するだけで利益率を出すことができます!

 

この「ホワイトヴェイル」の場合だと、

商品代金は、アマゾンで売っている値段のことなので、

18/6/12現在だと3300円となっているので、3300と入力します。

 

次にAmazonへの納品なんですが、Amazonの倉庫に送るときに、商品1個あたりの

送料(正確には送料とガムテープ代やダンボール代がありますが・・・)を入れます。

たくさん商品をダンボールに詰めるとその分送料がお得になるわけですね。

んじゃあ、いくらを入れればいいんじゃ!!となるわけですが、

私の場合はとりあえず「100円」と考えています。

理由は、なんとなく(本当に適当)で「こんなもんじゃね?」と思ったから。

 

なので、「Amazonへの納品」のところには100と入力していればとりあえず

いいと思います。

 

最後の「商品原価」のところは、商品の仕入れ値を入力します。

1000円で仕入れるときは1000、1500円で仕入れる時は1500と入れます。

最後に「計算」をクリックすると、あら不思議!!

利益額と利益率が出てきます!!!

例えば、1500円で仕入れるとすると、

f:id:nobuokakei:20180612220925p:plain

純利益:1143円、純利益率:35%

みたいな感じで出てくるんですよ。

 

ちなみに、この純利益率はかなり高い方です。

私もこの利益率を出したことはほとんどありません。

せいぜい20%後半ぐらいまでです。

 

とまあ、こんな感じで利益率を調べることができるわけです。

これを逆に利用して仕入れ値を決めることもできます。

いろんな商品、売値、仕入れ値を設定してみて、いろいろといじってみると

いいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です