確定申告は結構簡単にできる!全くの初心者でもこれを読めばOK!

こんにちは!月20万円以上稼いでいる理系大学院生ののぶけんです!

 

「確定申告ってどんな風にやるの?」

「確定申告って面倒くさそう・・・」

って思っていませんか?

僕自身、人生初の確定申告の時には、そんなことを思っていました。

収入と支出の書類をまとめて、税務署まで行って確定申告の用紙を記入し・・・あぁ〜なんて面倒なんだ!!ってね。

それと、なんか税務署っていうと、職員の方が恐そうなんていうことも思ってましたねw

しかし、実は、確定申告ってそんなに面倒ではないですよ。

実際に、僕自身もやってみたのですが、思ってたより結構スムーズに手続きをすることができました。

この記事では、確定申告のやり方を画像付きで解説しています。

この記事を読みながら進めると、確定申告のやり方がわかるだけでなく、申告の手続きそのものも一気に進めることができます!!

 

 

確定申告のやり方の流れ

確定申告の準備ができたら、次はいよいよ申告。

申告の流れをまずはチェックしよう。

  1. この記事で取り上げた書類を用意する。
  2. 国税庁のWebページで確定申告書を作成する。
  3. 提出する

ざっくりとこんな感じだね。

 

確定申告書を作成しよう!

書類の準備ができたら、いよいよ確定申告書を作成するよ!

今はWebでできちゃうから、すごく楽ちん。

基本的に指示通りに入力していけば作成できちゃうよ。

ここでは、注意しなきゃいけないことを書いていきます!

税務署への提出方法

確定申告書等作成コーナーのページで、作成開始をクリックすると、こんな画面になるんだけど、

 

確定申告書の提出方法

ここで2つの提出方法から選ぶんだけど、「e-Taxで提出する」か「印刷して書面提出する」のどっちか。

一番楽なのは「e-Taxで提出する」っていう方法なんだけどね。

この方法を使う場合は、

  • マイナンバーカード+ICカードリーダー(スマホでもOK
  • 税務署に行ってIDとパスワードを発行してもらう

のどちらかが必要になる。

 

マイナンバー+ICカードリーダーだったら、税務署に行く必要はないが、当然マイナンバーカードとICカードリーダーが必要になる。

マイナンバーカードを持っている人はこっちがオススメ。

 

IDとパスワードを使う場合は、税務署に出向く必要があるよ。

身分証明書があれば大丈夫。

税務署に行って、窓口に頼めばOK。

確定申告の時期は、専用の窓口があるからそこに並べばいい。

僕はこっちのやり方で申告しています(今年から)。

 

この2つのうちのどれかを準備できれば「e-Taxで提出する」を選べる。

できなければ「印刷して書面提出する」を選ぶ。

ここから先はどっちを選んでもほとんど同じだから、「e-Taxで提出する」を選んだ場合で説明していくよ!

「e-Taxで提出する」を選ぶと、

 

e-Taxの提出方法

マイナンバーカード方式かID・パスワード方式かを選ぶ画面になる。

僕はID・パスワード方式でやったので、こっちのやつで説明するぞ★

 

ID・パスワード入力画面

ここで利用者識別番号(ID)と暗証番号(パスワード)を入力して次へ。

(IDとパスワードをわざわざ日本語に直しているってww)

あとは画面の指示に従っていけばOK。

そうしていくと・・・

こんな画面↓になるから、

 

ここで確定申告に必要なことを入力していく。

まずは「決算書・収支内訳書」を作成。

 

決算書・収支内訳書の提出方法

ここでは「提出方法」と「作成するものの種類」を選ぶんだけど、提出方法はe-TaxでOK。作成する種類は、白色申告書に添付する収支内訳書を選ぶ。

青色申告で出す人は、青色申告を選べばいい。

選んだら次へをクリックする。

収支内訳書の選択

そうすると、↑の画面になるから、「営業等所得がある方はこちら」のところの「入力する」をクリックする。

 

収支内訳書の入力

なんか入力するところがいっぱいあって、めんどくさそう・・・と思うかもだけど、実はそんなに入力するところはないよ。

入力するところは、

  • 売り上げ金額→売り上げの金額、どこにいくら売れたかを記入
  • 期首商品棚卸高→前の年に売れ残ったものの仕入れ金額、どこから仕入れた商品がどれだけの値段残っていたのかを記入
  • 仕入金額→仕入れたものの金額、どこからいくら仕入れたのかを記入
  • 期末商品棚卸高→その年の12月31日の時点で売れ残ったものの仕入金額、売れ残ったものの仕入れ金額、どこから仕入れた商品がどれだけの値段残っていたのかを記入。
  • 外注工賃→Amazonやメルカリの手数料の合計を記入
  • 荷造り運賃→ダンボール代や配送料の合計を記入
  • 消耗品費→必要な道具・小物・文具の代金の合計を記入

ぐらいだね。

白色だと、1年間の合計金額がわかれば入力できちゃうから楽だね!

これが終わったら、次へを押して、画面の指示通りにしていけばいいよ。

それで、収支内訳書は完成。

そうしたら、次は所得税申告書の作成。

所得税申告書の入力方法

この画面では、真ん中の赤色の作成開始をクリック。

すると↓の画面になるから、

申告書の作成をはじめる前に

e-Taxにより税務署に提出するを選択し、生年月日を入力。あとは、「申告書の様式をイメージした入力画面で申告書を作成する」にチェックをいれた方がいいと思う。

あとは、収入と所得、控除について該当するところを入力していけばOKだから、さっき作った収支内訳書を参考にして収入と所得を入力する。

控除は、勤労学生のやつを忘れがちだから気をつけて!

一通り入力が終わったら、次へを押して、画面の指示通りに進めばOK。

あとは申告書を送信して印刷すれば申告は終わり。

 

どうだろう、長かったかな?

まぁ、一回やってみればそんなに大変じゃないことがわかるから、儲かったら必ずやろう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です