中堅私立大学の理系の大学生でも就活を無双できるガクチカを紹介!

就活に成功した女性の画像

こんにちは!現役大学院生ののぶけんです。

大学生
就職活動では何をアピールすればいいのかな?
大学生
就活にアピールできそうなものがないんだけど・・・(泣)

という人に向けた記事になっています。

この記事では、就職活動でよく聞かれる「学生時代に力をいれたこと」(ガクチカ)について書いていきます。

この記事を読めば、どんなガクチカが就活でアピールできるのかがわかるようになるはずです!!!

 

就活では「学生時代に力をいれたこと」を聞かれる

就職活動では、これでもかというぐらい「学生時代に力をいれたこと」を聞かれます。

これは、学生の時にどんなことに力をいれてやってきたのかを聞くことで、学生のポテンシャルをみていくからなんですよね。

例えば、営業職だったら体力があるのか?粘り強さはあるのか?を見ているといわれています。

 

どんなものがいいの?

結論を言うと、法を犯さないものであればなんでもいいです。

学生時代に力をいれてやれることって、仕事に直接結びつくことってそう多くはないです。

でも、新卒の枠で入るので、「ポテンシャル」を見られるわけです。

なので、ものすごい実績をあげなきゃいけないわけではありません。

就活において、よく出てくる「学生時代に力をいれたこと」は、

  • サークル活動
  • バイト
  • 卒論
  • インターン

が多いね。

 

ぼくが使った「ガクチカ」

ちなみに、ぼくが使った「ガクチカ」は

  • 塾講師のバイト
  • 副業でやった物販
  • 大学・大学院での研究

の3つですね。

この中でインパクトが大きいかったのは、副業でやった物販です。

副業でやってた物販

これが僕が就活無双できたガクチカです。

理系の人で副業をやっているっていうのは、結構珍しいです。

実績そのものもアピールできるし、目標を達成できる粘り強さ、仮説思考が身についたこともアピールできます。

そんな物販について詳しく知りたければ↓から読んでみて!

物販ビジネスとは?

2019.02.14

 

塾講師のバイト

物販以外でも、アピールできるものはありましたね。

その一つに塾講師のバイトがあります。

これは僕が大学1年生から4年生の時までやっていました。

どういう時にこの経験をアピールしたのかというと、例えばチームで何かを成し遂げたことを書く時はこれを使っていました。

 

大学・大学院での研究

これは、聞かれるところは聞かれるので、卒論、修論もしっかりとやりましょう。

大学や大学院は学問をする場所なので、卒論や修論のことも大事になってきます。

自分がどんな研究をやってきたのかを面接官にわかりやすく伝えられるようにすればOKです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です