就活を本格的にスタート、何を準備したかをぶっちゃける

就活準備

こんにちは!現役大学院生ののぶけんです。

就活についていくつか記事を書いてきました。

今回は、就活をやるに際してどんな準備をしてきたのかを書いていきます。

 

ナビサイトに登録

僕の就活の本核的なスタートは夏のインターンでした。

就活セミナーを受けた後、しばらくは「就活なんかダルそうだし、物販ビジネス→情報発信に集中しよう」と思っていました。

どうせ就職先が決まったとしても、情報発信で稼げるようになったら内定を蹴るつもりでしたからね。

なんだけれども、親からのプレッシャー(?)もあり、自分の中でも色々と思うことがあるので、「内定が出たらそこで就活を終える」ことを前提に就活を本核的に始めようと思いました。

就活をスタートするにあたって、マイナビやリクナビにとりあえず登録しました。

あとは、外資就活やONE CAREERっていうサイトにも登録しました。

いわゆるハイレベル就活(意識高い)のサイトですね。

就活全般を通して非常にお世話になりました。

 

そのほかのWebサイト

それ以外にナビサイトではないんだけど、こういうサイトもお気に入りに登録していました。

就活対策として十分すぎるくらいのサイトでしたね。(というより、僕が通っている大学のキャリアセンターが使えなさすぎる・・・w)

他にはYouTubeの「Fランク大学の就活講座」っていうものを視聴していました。

 

自己PR、ガクチカに使うネタの棚卸し

自己PR、ガクチカで書くネタを整理もしてましたね。

どんなネタを使ったかというと、

  • 塾講師のバイト
  • 個人ビジネス経験
  • 大学でのチームでやる課題
  • 大学院での研究

を使ってましたね。

 

筆記対策

筆記で切られるのは結構悔しいので、筆記はそれなりに対策しました。

就活の筆記にはいくつか種類があって、代表的なものを中心に対策してました。

具体的にどんなものかというと、代表的なものとして・・・

  • SPI
  • 玉手箱
  • TG-WEB

があります。

僕もこの3つは対策してました。

それ以外にもあるっちゃーあるんだけど、基本的に↑の3つで十分対応できますよ。

 

面接対策

面接対策は、このサイトを読んで実践するということをしてましたね。

パソコンのメモ帳に予想質問集をコピペして、それらに対して自分なりの答えを打っていく。その答えに対して、自分で突っ込んで、答えていく・・・。というドM感溢れることをしてましたw

そのおかげで、志望理由とか学生時代にやってきたこと、自分の強み弱みを深く掘り下げることができたかなぁと思ってます。

また、本番の面接でも、過度に緊張することなく、割と落ち着いて受けられたので、めっちゃいいと思いますよ!

 

 

 まとめ

ということで、この記事では、実際に僕がどんな就活の準備をしたのかまとめました。

準備として

  • ナビサイトに登録
  • ESに書くネタを整理する
  • 筆記対策
  • 面接対策

をしました。

書いてあることは、まぁ当たり前っちゃー当たり前ですが、準備不足でぶっつけ本番みたいな感じで就活に挑む人が結構いるらしいので、これを知っているだけでもライバルに差をつけられるはずです!

もっとライバルに差をつけたいと思っている人は↓も読んでみてね!(特に大学1〜2年生の方)

学生時代のビジネス経験は就活にも役立つ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です