世界最高峰の外資系コンサル、マッキンゼーの選考対策と受けてみた感想。

マッキンゼーのロゴ

こんにちは、現役大学院生ののぶけんです!!

大学生
マッキンゼーに応募してみたいけど、選考ってどんな流れになってるのかな?
大学生
学歴に自信がないけど、学歴フィルターってあるのかな?

という人に向けた記事になっています。

この記事では、マッキンゼーの選考フローや実際に僕がマッキンゼーに応募したことについて書いていきます。

この記事を読めば、マッキンゼーの選考をどのように対策していけばいいかがわかりますよ!!

 

マッキンゼーってどんな会社?

マッキンゼーというのは、外資系のコンサル会社になります。

コンサル会社っていうのは、他の会社の経営や戦略について分析してアドバイスを主にしている会社です。

マッキンゼーは世界中で一番有名なコンサル会社ですね。

ど理系の僕でも名前は知っていましたっていうくらい有名ですw

 

マッキンゼーの新卒採用の時期

マッキンゼーの新卒採用の時期は、夏・冬・春の3回に分かれます。

いずれも選考内容は同じです。

どの時期に応募すべき?

これは日系企業も併願するのか、外資系本命なのかで分かれます(マッキンゼーに限らず他の外資系に共通して言えます)。

日系企業も受ける

日系企業も受ける場合、夏か冬の選考を受けるべきです。

理由は、外資系企業のインターン経験や選考経験が日系企業の時に生かされるからです。

 

外資系企業が本命

外資系企業が本命であれば春選考を受けるべきです。

なぜなら、この春選考はかなりの穴場だからです!!!

優秀な層は夏や冬の選考で内定をもらっていて、日系企業の選考も始まっているので、そもそも受ける人数や層がそこまで高くないです。

 

マッキンゼーの選考の流れ

マッキンゼーの選考フローとして、

  1. Web登録
  2. 書類審査
  3. 適性検査
  4. 面接
  5. インターン
  6. 内定

っていう感じになってます。

応募に必要なことは、

  • マイページ登録
  • 書類(エントリーシート)

の2つです。

 

選考対策

書類審査

書類審査では、ESをネットで提出します。

ESを書くときは結論から書くようにしましょう。

適性検査

適性検査は、マッキンゼーオリジナルの筆記試験です。

オリジナルでも対策方法はあります。

それは、マッキンゼー公式の練習問題を解くことです。

ここからダウンロードすることができるので、やってみましょう。

丁寧な解答と解説がありますよ。

 

面接

面接は「ケース面接」というのがメインになります。

マッキンゼーのホームページにもケース面接対策があるのでそちらを参考にして対策しましょう。

 

インターン

ここまでくればもうあと一息!

 

ちなみに僕が受けた結果は・・・

結果は・・・残念ながら書類審査で落ちましたね。

世界最高峰のコンサル会社だから、学歴で落とされたかもしれませんし、書類の内容で落とされたのかもしれません。

ただ、もっと残念なのは、マッキンゼーはサマーインターンで落ちると2年間は本採用も含めて応募することができないことです。

 

まとめ

世界最高峰のコンサル会社ってだけあって、やはりかなり厳しかったですね。

ビジネス経験があったとしても、それだけじゃ突破できなかったです。

書類審査で落ちてしまったので、それ以降のことが書けないのですね・・・。

他の口コミを読むと、夏のインターンに応募するのではなく、冬とか春あたりの募集に申し込むと通りやすいというのもあったので、そのあたりまで待てばよかったなと反省ですね・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です