三井物産のインターンシップに応募してみた。

こんにちは!現役大学院生ののぶけんです。

「総合商社のインターンシップの選考ってどんな感じなんだろう?」

「三井物産のインターンシップ選考の流れはどうなってるのかな?」

と思っている皆さん。

この記事では、僕が実際に三井物産のインターンシップの選考を受けてみた感想やポイントについて書いています。

この記事を読めば、三井物産のインターンシップの選考の対策の参考になるはずです!!

 

三井物産ってどんな会社?

三井物産はいわゆる「総合商社」です。

 

三井物産のインターンシップの選考フロー

インターンシップの選考フローは、

  1. エントリー
  2. ES提出
  3. Web試験
  4. 面接
  5. インターン本番

となっています。

 

実際に受けてみた

エントリーシート

エントリーシートで聞かれたことは、

  • 「チャレンジするとはどういうことか?」
  • 「学生時代にチャレンジしたこと」
  • 「インターンシップで得たいものは何か?」

の3問でした。

 

Web試験

Web試験はTG-WEBでした。

科目は国語と数学と性格の3つ。

TG-WEBも外コンの選考で何回か受けてたので、慣れてましたね。

前にやったことがある問題も何問か出てたので、ラッキーでしたw

 

三井物産のインターンでは、性格診断の結果を見せてくれるので、何かと参考になります。

ちなみに、僕の結果はこんな感じ。

性格診断の結果

まあ、この結果を見てね、色々考えましたね。

このまま就活を進めるべきか、方向性を変えるべきか・・・

そもそも就活をすべきだったのか、自分のやってきたことは正しかったのか?

 

なにはともあれ、書類審査は無事に通過しました。

 

面接

面接は、三井物産本社で行われました。

大手町のちょいと北側にあるオフィスで、ちょーキレイでしたね。

20分くらいのを2回受けました。

面接で聞かれたことは、「学生時代に頑張ったこと(チャレンジしたこと)」(1回目の面接)と「日本に民泊を流行らせるべきかどうか」(2回目の面接)だけでした。

 

選考突破のポイント

エントリーシート

ESは結論ファーストで書くべきです。

 

Web試験

TG-WEBは他の就活Web試験よりも難しいので、必ず対策本を一通りやってから挑むようにしましょう。

 

面接

面接は、会話のキャッチボールなので、自分だけ一方的に話すのではなく、面接官との会話を楽しむ感じで。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です