メルカリで出品したものを詰める時、ダンボールの隙間は必ず埋めよう!

こんにちは!のぶけんです。

 

「メルカリの商品を送るんだけど、箱に入れるだけでいいのかな?」

「商品と箱の隙間が結構あるんだけど、そのままでいいのかな?」

と思っている人は結構いるんじゃないでしょうか?

 

この記事では、メルカリで売れた商品を送る時に箱に隙間がある場合に、どうしたらいいのかを書いていきます。

この記事を読めば、箱詰めのことがわかり、いい評価をもらいやすくなりますよ。

 

ダンボールと商品の隙間は開けないようにしよう。

ダンボール と商品の隙間は開けないようにしましょう。

理由は、隙間を開けると、中の商品が動いちゃうからです。

商品が動くだけだったら問題はないんですが、中のものが割れたり、液体が漏れたり、粉末がボロボロ出てきたり・・・。

箱詰めの時には想像していなかったことが、受け取る方の評価コメントに書かれた時は本当にショックですよ。

そういうことを防ぐために、商品と箱との隙間は空けないようにしましょう。

 

隙間を埋めるには紙でOK

隙間を埋めるには普通の紙でOKです。

要は、箱の中で商品が飛ばないようにするためですね。

商品が無事だったら問題ないので、わざわざ隙間を埋めるための紙やプチプチを買う必要はありません。

例えば、いらなくなった新聞紙やチラシ、広告の紙でOKですよ。

メルカリで買った時に入ってた紙を再利用するのも全然アリです。

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です