メルカリで出品した本の梱包方法

メルカリの画像

こんにちは!のぶけんです。

「メルカリで出品した本が売れたけど、どんな風にして送ればいいのかな?」

と思っている人へ。

この記事では、メルカリで売れた本の梱包方法について書いていきます。

この記事を読めば、本をどうやって梱包し送るのかについてわかります。

 

本の梱包のやり方

本の梱包のやり方は、

  1. 本をプチプチかビニールの袋に入れる。
  2. 1. で包んだものを封筒に入れる。
  3. 封筒の封をする。

これだけです。

 

最初に本をプチプチかビニールの袋に入れるのは、雨に濡れるのを防ぐため。

封筒に入れるだけだと雨に濡れた時に、中身の本もびしょびしょになって

「うーわっ、こんなに濡れた本なんて読みたくねーよ」ということになっちゃうので、絶対に避けたいですよね。

 

梱包のポイント

梱包のポイントは、次の5つ。

  • 指紋や汚れを拭き取る
  • 商品の値札を取る
  • 本の水濡れを防ぐ
  • プチプチで本を傷から守る
  • 封筒は本のサイズに合わせる

 

指紋や汚れを拭き取る

本に指紋や汚れがついているのをもらうのは嫌じゃないですか?

たとえ中古のものだとしても、受け取る側が気持ちよくもらえるようにしましょう。

商品の値札を取る

自分が買った値段よりも安い値札が付いていたら、損した気分になります。

梱包する前に、値札の取り忘れが無いかチェックしましょう。

本の水濡れを防ぐ

商品は必ずOPP袋で梱包し、ポスト投函や配達中に水で漏れないようにしましょう。

OPP袋が無い場合は、ビニール袋で代用しても良いでしょう。

プチプチで本を傷から守る

本をプチプチで梱包し、ポスト投函や配達中に傷が付かないようにしましょう。

封筒は本のサイズに合わせる

本を包む封筒やダンボールが商品よりも大きい場合、配達中に本が中で動き安定しません。

封筒やダンボールは本のサイズに合わせるか、中に梱包材を入れるなどして、商品を安定させましょう。

 

まとめ

本の梱包は、

  • 水に濡れないようにする
  • 傷がつかないようにする

の2点に注意すればOK!

いらなくなった本はメルカリで売って、お金をたくさんGETしちゃいましょう!!

 

 


▼おすすめ無料教材▼

加藤将太の次世代起業家育成セミナー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です